• ホーム
  • 施設のご案内
  • お部屋
  • お料理
  • ご宿泊プラン
  • アクセス
  • 知恩院の歳時記

ブログ

イベント

今年も!知恩院秋のライトアップへ行ってきました♪

2019年11月28日  イベント, 浄土宗総本山知恩院 


みなさま、こんにちは!

11月も終盤を迎え、かなり冷え込む日が増えてきました。

冬も、もうすぐそこに来ているようですね(^^)

 

冬の到来と同時に「知恩院 秋のライトアップ2019」開催期間も残り3日間!

まだ知恩院の紅葉を観に来られていない方!まだ間に合います(^O^)

 

昨年に続き、今年もライトアップへ行ってきましたのでご紹介いたします。

紅葉は木々によってばらつきはありますが、鮮やかに色づいていますね♪

こちらはこれからといったところでしょうか。

男坂には和傘。これは「インスタ映え」ですね(^^)

9年ぶりの夜間特別公開の「方丈庭園」

水面に映り込む景色が趣き深く、美しいですね。

 

以上、和順会館からの秋のおすそわけでした(^O^)

この週末、秋の京都観光の締めくくりに、ぜひ総本山知恩院へお越しください!

 

『知恩院秋のライトアップ2019』

・期間: 2019年11月1日(金)~12月1日(日)
・拝観時間: 17:30〜21:30(21:00受付終了)
・拝観場所: 国宝三門下周辺、友禅苑、女坂、国宝御影堂外観、寶佛殿、方丈庭園(9年ぶりの夜間公開)
・料金: 大人800円、小人400円(小・中学生)

 

 


西川 白悠展のご案内

2019年10月17日  お知らせ, イベント 


 

皆さんこんにちは。

朝晩はかなり冷え込む日が多くなり、だんだんと秋めいてきましたね。

朝晩の寒暖差で体調を崩されないよう、お気を付け下さい!

 

和順会館より、芸術の秋にふさわしい展覧会のお知らせです☆

 

書道家・水墨画家である西川白悠先生の個展です。

心落ち着く素晴らしい作品の数々が展示されております。

ギャラリー和順の落ち着いた雰囲気に、先生作品がマッチしており、

とても良い雰囲気の会場となっております(^^)

 

 

西川先生は京都のお生まれで、平成4年に「西川書道塾」を開設され、指導に当たられています。

今までも個展を何度か開かれており、京都文化博物館等の大きな会場でも個展をされているそうです。

個展だけではなく、グループ展にも多数出展されている、素晴らしい先生です!

 

 

 

会場の雰囲気を少しだけご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の秋は、芸術を楽しむ秋にしてみてはいかがでしょうか?

和順会館一同、心よりお待ちしております!

(会場には西川先生もいらっしゃるので、作品についてお聞かせいただけるチャンスがあるかもしれません!)

 

 

日時、場所は下記の通りです。

 

~西川 白悠展~

 

日 時:令和元年10月16日(水)~20日(日)

   午前10時~午後5時

   (最終日は午後4時まで)

 

会 場:知恩院 和順会館内

   ギャラリー和順

 

 

 


MOMENT 菊池先生よりコメントを頂戴しました。

2019年9月1日  お知らせ, イベント 


皆様、こんにちは。今年も早いものでもう9月になりました。

京都では朝晩に涼しい風が吹いて、秋の気配を感じるようになってきました。

さて、16日より個展を開催されます菊池先生から

今回の展示会について、コメントを頂きましたのでこちらで紹介させて頂きます。

 

『今回の作品は、私がニューヨークで制作した作品です。

長く友禅染の着物や様々な染技法の額装作品を制作して来ましたが、

染に関しては、より薄くて頼りないものへ染めたいという気持ち、また展示形態に関しては、

布の柔らかさ、またやはり頼りなさを残すために、縫ったりピンと張ったりすることを

控えています。布を重ねて立体的な、ホログラムのような効果を期待しています。

重ねられた布は一枚目が現在、その後ろは過去を表し、

未来は見ている人が立っているその場所から始まります。

布や綿の彫刻は、水に溶ける糊を使っていますので、水の中にいれると形は無くなり、

もとの布や綿に戻ります。生きていることの頼りなさ、しかしながら確かさを求め、

様々な欲望を実現するために奔走する人間の性としばし立ち止まって向き合い、

今この瞬間を生きることの大切さを感じていただけたらと思っています。』

 

展示予定の作品を、小さな写真ですが紹介いたします。

展示会は入場無料でございますので、皆様ぜひお越しくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AOMI KIKUCHI

ステートメント

私は作品を一貫して、私のアーティストステートメントである仏陀の哲学、この世の無常、無我を理解して受け入れることでこの瞬間を生きることの大切さを学ぶと共に、煩悩から来る苦しみから逃れられるというメッセージを込めて制作している。ニューヨークに住んでからは25年以上学びつつ制作してきた日本の伝統工芸を代表する友禅染め、その他の染技法を、極薄シルクオーガンジーやシルクガーゼの三枚重ねに染めて間隔をあけて展示するインスタレーション、さらにシルクガーゼや綿花を使った彫刻や、布からほぐれた糸や生糸で作った蜘蛛の巣、溶ける糊を使って書いた文字で作ったタピストリー、線香で布を焼いた作品など、はかなさ、もろさを表現することで、この世の無常、無我を見る人が感じられるような作品を手がけている。

 

My artwork is consistently made with a message that understanding and accepting impermanence and insubstantiality of this world can liberate us from suffering and lead us to live a mindful life. After moving to New York, my long embraced skills and materials: over 25 years’ experience of traditional Yuzen Kimono Dye using silk fabric for kimono shifted to new mode of depiction. For instance, an installation of three layered extremely thin silk organza or silk gauze being dyed and hanging at intervals, sculptures using silk gauze, cotton flower, and spiders web with unwoven or raw silk thread. I also applied a large tapestry assembled Chinese characters drawn with water soluble glue and Sumi Ink. Even kimono making, I tried a new approach, which I burned silk organza with incense and made openwork textiles for Japanese wedding ceremony kimonos. All those artistic practice are intended to depict ephemerality and fragility, which viewers can feel fleeting and vulnerability of our life and aware of the importance of this moment.

 


~夏の梅衣展開催中~

2019年7月16日  お知らせ, イベント 


皆さまこんにちは(^^)

まだまだ梅雨空が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

現在、和順会館地下1階ギャラリーにて夏の梅衣展が開催中でございます。

春に続きこの夏も彩り豊かな梅染めの衣が多数展示しておりますので、皆さま是非足をお運び下さい。

 

2019年7月10日~8月4日 11:00~17:00

和順会館地下1階ギャラリー 入場無料

 

 

 

 

また、去年に引き続き夏限定の宿泊プランもご用意しております!

 

【京の夏の味覚を堪能!贅沢な『鱧会席』を楽しむ2食付きプラン 2019】

※写真はイメージです

※仕入れ状況により、食事の内容が変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

 

【7月・8月宿泊限定】◆京の夏を満喫♪ 選べる記念品付きプラン◆

 

この機会に是非和順会館にご宿泊頂き京都の夏を存分に味わってみてはいかがでしょうか!

皆さまのお越しを心よりお待ちしております(^O^)

 


都未生流いけばな展『都の花会〜つなごう一花一笑〜』 開催報告

2019年6月13日  お知らせ, イベント 


都未生流いけばな展『都の花会〜つなごう一花一笑〜』開催報告

 

江戸時代に創流され、現在にも続く花道の流派「都未生流(みやこみしょうりゅう)」の

いけばな展示会『都の花会〜つなごう一花一笑〜』が、2019年6月8日・9日に

当館にて催されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真をご覧いただければわかるかと思いますが、たくさんの方々にご来場いただきました。

 

会場内には斬新で鮮やかな作品の数々が展示されていましたよ☆

 

 

 

このように、和順会館では定期的に展示会等の催しが行われていますので

 

開催予定情報、開催報告等、随時アップしていきます。。。お楽しみに。。。

 


アーカイブ