• ホーム
  • 施設のご案内
  • お部屋
  • お料理
  • ご宿泊プラン
  • アクセス
  • 知恩院の歳時記

ブログ

浄土宗総本山知恩院

京都も春がやってきました

2020年3月18日   和順会館, 会館からのお知らせ, 浄土宗総本山知恩院 





みなさんこんにちは(^^)

まだまだコロナウイルスが世間を騒がせていますが、いかがお過ごしでしょうか?

京都はだんだんと暖かくなり、春らしくなってきました!

少しですが、街中も活気が戻ってきたような気がします。

予防には気を抜かず、適度に行楽シーズンを楽しめたらいいですよね(^^)


さて、春は知恩院にもやってきています!

本日友禅苑の様子を見てきましたが、春の訪れを感じさせる花々がたくさん咲いていました。

現在の様子を皆さんにもシェアしたいと思います。



◆乙女椿


◆枝垂桜


◆枝垂桜2

◆白木蓮


早咲きの枝垂れ桜は6分咲きほどになっており、もうすぐ見ごろですよ(^^)

最近は天気も良く、気温も高いのでお散歩してみるととても気持ちが良いと思います!

白木蓮の花も空に向かって花開く様子がとてもきれいです。

桜が満開になりましたらまたご報告しますね。

今年は桜に関するイベントの中止が相次いでいますが、

穴場でお気に入りの桜を見つけてみてください!

知恩院の桜もきれいですのでぜひお立ち寄りくださいね(^^)

お待ちしております!



また、和順会館では期間限定のプランをご用意致しました!

開館10年目を記念し、感謝を込めたプランです。

ご宿泊のお客様には、印香「花京香」をプレゼントいたします!

月毎にデザインと香りが異なるとても可愛らしいお香です(^^)

飾ってインテリアにもお使いいただけますよ♪

◆印香 花京香

詳細・ご予約は下記からどうぞ!

◆開館10年目記念 宿泊記念品付き謝恩プラン◆



皆様のご来館を心よりお待ちしております。



第54回「京の冬の旅」非公開文化財特別公開が開催されています

2020年1月23日  浄土宗総本山知恩院 


みなさん、こんにちは(^.^)

2020年も、もう一カ月が経とうとしていますね。

今知恩院では、第54回「京の冬の旅」非公開文化財特別公開が開催されています。

普段なかなか入ることのできない、大方丈と小方丈、方丈庭園を特別公開中です。

 

大方丈・小方丈とは

大方丈(おおほうじょう)と小方丈(こほうじょう)は、洛中随一の名書院として知られています。

大方丈は、仏閣を中心に活動する狩野派による彩画で間仕切りされた諸室があり、

それぞれ「鶴の間」、「上・中・下段の間(仙人の間)」、「松の間」、「梅の間」、「柳の間」、「鷺の間」、「菊の間」、「竹の間」というように襖絵の題材で呼ばれています。

 

 

【鶴の間】

 

【松の間】

 

また、小方丈とは

 

仏間を含まない純住宅建築で、狩野派による水墨画「上・下段の間(雪景の間)」、「雪中山水の間」、「蘭亭の間」、「花鳥の間」、「羅漢の間」から成ります。方丈庭園は江戸時代初期に小堀遠州と縁のある僧玉淵によって作庭されたと伝えられる庭園です。

 

 

【小方丈】

 

 

第54回「京の冬の旅」非公開文化財特別公開】

  • 開催日:2020年1月20日(月)から3月18日(水)までです。

※令和2年1月29日(水)~31日(金)、2月27日(木)、28日(金)は拝観不可

  • 拝観時間:午前10時00分~午後3時40分(午後4時20分まで拝観可)
  • 料金:大人(中学生以上)600円/小学生300円 

https://www.chion-in.or.jp/event/event/2403/

 

期間限定特別公開なので是非この機会に知恩院の方丈庭園を訪れてみてはいかがでしょうか?

また、ご宿泊は知恩院の宿坊、知恩院和順会館へ

https://www.wajun-kaikan.jp/plan/

 


やっと知恩院にも秋がやってきました!

2019年11月22日   和順会館, 徒然日記~スタッフのおすすめ~, 浄土宗総本山知恩院 



 

 

 

みなさんこんにちは(^^)

少しずつ日中の気温も低くなり、知恩院の木々も彩づいてきました~♪

11/21はお天気も良かったので、友禅苑の様子を撮影してきましたよ。

写真好きの参拝の方が多く見え、にぎわっていました~!

 

友禅苑だけでなく知恩院には他にも紅葉スポットが多くありますが、

友禅苑は私のイチオシスポットです!

今の季節もいいですが、他の季節もまた違った魅力がありますよ♪

 

それでは少しだけ紅葉の友禅苑をお届けしたいと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ほぼ同じアングルですね。(すみません笑)

私の写真のセンスはさておき、写真でもかなり綺麗に色づいているのが伝わるかと思います。

 

池の水面に紅葉が映るようすも、とても美しいです。

池の真ん中には観音様がいらっしゃいますが、荘厳な雰囲気をよりいっそう感じます。

 

 

ほかにも枯山水のお庭があったり、季節の植物を見られたり、

楽しむポイントは盛りだくさんです!

 

まずは、残り少ないライトアップの期間(12/1が最終日です!)に紅葉かつ、夜の友禅苑を楽しんでみて下さい♪

心に残る参拝になることまちがいなしです!!

 

 

友禅苑の拝観情報は下記の通りです。

(12/1はライトアップに伴い、夜間拝観を実施しております。)

 

 

~友禅苑~

受付時間:午前9時~午後4時

拝観料:大人300円・小人150円・団体270円

 

 

総本山 知恩院 公式HP

 

 

ぜひぜひ足を運んでいただき、残りの秋を十分満喫して下さいね♪

 

 

 

 


今年もやってます!

2019年11月6日   和順会館, 浄土宗総本山知恩院 



 

こんにちは(^^)

朝晩がだんだんと冷え込んでまいりましたがいかがお過ごしでしょうか?

毎年毛布を出すタイミングを迷ってしまうのですが、皆さんはもう出されましたか?

この時期が一番防寒の仕方や服装に迷ってしまいますよね。。。笑

私はまだまだ迷走中です。。。

 

今年の紅葉は例年通りの色づき予想とのことです!

先日知恩院のライトアップに行ってきましたが、さすがに紅葉にはまだ早かったです。。。

が、夜の知恩院はやはりまた違った趣がありますね~。

 

私が参加した11/3は、「みんなでつくろう!声明Live~歌って感じる極楽浄土~」と題し、

知恩院式衆会によるイベントが行われました!

参加型のイベントで、とっても和やかで楽しい雰囲気で行われていました(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやってお坊さんが一列に並ぶと圧巻ですね~。

 

この後も期間中はたくさんのイベントを行う予定です!

みなさんぜひいらしてくださいね。

これからだんだんと紅葉してきて綺麗になってきますよ(^^)

 

 

少しだけ境内の様子もご紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 御影堂(落慶まであと少し!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の知恩院、また雰囲気が変わり違った楽しみ方ができると思います☆

詳細は下記ブログ記事を参照下さいね!

お越しの際は和順会館にもぜひお立ち寄りくださいね。お待ちしております!

 

 

秋のライトアップ2019

 

 

 

 


知恩院 秋のライトアップ2019のご案内

2019年10月30日   和順会館, 浄土宗総本山知恩院 



みなさんこんにちは(^^)

今回は11月より開始されます

「知恩院 秋のライトアップ2019」のご案内です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知恩院では、毎年春と秋、桜の開花と紅葉の時期にライトアップを行っております。

普段では拝めない、荘厳幻想的な光景をお楽しみいただければと思います!

今回は9年ぶりに方丈庭園夜間拝観していただけます。

また、和順会館にご宿泊いただきましたお客様には、ライトアップの割引券をお渡ししております。

この機会にぜひぜひ和順会館をご利用ください!

和順会館宿泊プランリンク


近づく祇園祭と鱧会席プラン♪

2019年6月23日   和順会館, 会館からのお知らせ, 浄土宗総本山知恩院 



みなさまこんにちは(^o^)

梅雨明けが待ち遠しい頃、むしむしとした日が続いておりますね。

 

さて、日本三大祭の内のひとつ!

” 祇園祭 ”まで一カ月をきってまいりました。

 

 

(写真は2018年度のものです。)

 

和順会館の位置する場所は祇園祭の中心となる八坂神社へは徒歩5分以内ですし、

山鉾巡行が行われる通りにも徒歩圏内でご覧になっていただけます!

 

毎年たくさんの方で賑わいを見せておりますし、昨年私が行った際にも盆地ならではの蒸し暑さもあって

汗びっしょりになりました(^_^.)

当館の大浴場はゆったりした広さがございますので、汗も疲れも流せるかと思います。

 

汗を流してすっきりされた後には、期間限定メニュー京の夏の味覚!鱧懐石などいかがでしょうか。

京都の夏に欠かせない食材の鱧は、生命力が強く古来より内陸の京都まで新鮮な状態で届くために重宝されました。食材を最大限に活かす鱧しゃぶをメインに、あっさりとした中にも味わいのある鱧をふんだんに盛り込んだ鱧会席をご堪能頂ける宿泊プランです。
目にも舌にも涼を呼ぶ関西の夏の味覚をぜひご堪能下さい。

 

『鱧会席』献立

食前酒  月の桂 平安京 純米大吟醸
前 菜  鱧寿司 等旬の肴七種盛り
椀変り  土瓶蒸し 鱧 松茸 みつば 酢立
向 附  鱧の焼霜造りと季節の鮮魚盛り
台の物  鱧しゃぶ小鍋 レタス 玉葱 松茸 梅醤油
焼 肴  鱧八幡巻 はじかみ あしらい
揚 物  賀茂茄子と鱧の揚出汁 パプリカ 伏見唐辛子 おろし 葛そうめん
強 肴  鱧落とし 蓮芋 茗荷 土佐酢 梅肉
お食事  鱧雑炊
香の物  三種盛り
水菓子  季の物

※写真はイメージです。

※仕入れ状況により、食事の内容が変更になる場合がございます。予めご了承下さいませ。

ご予約はホームページのおすすめご宿泊プランよりご覧ください!

 

祇園祭に合わせて京都へいらっしゃる際は、ぜひお越しくださいませ!

皆様のお越しをお待ちしております。

 


2019年 知恩院暁天講座 開催のお知らせ

2019年6月1日   和順会館, 会館からのお知らせ, 浄土宗総本山知恩院 



≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈

古くより日本人は夜を三つに分け、最後の三番目を表す言葉を暁(あかつき)と呼んでいた。

暁天とは「夜明けの空」という意味である。

≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈≈

 

◆知恩院暁天講座◆

早朝の清々しい時間に、仏教のことや人生のこと、健康、歴史など様々なことについて、各界著名人・講師をお招きし、貴重なお話をご拝聴いただけます。

そして自分を見つめ直し、より充実した生活を送るきっかけになれば幸いでございます。

各日講座後には、「泰平亭」にて無料の芋粥接待をさせていただきます。

 

この機会にゆっくりと心を見つめ直してはいかがでしょうか。

その際には知恩院の宿坊である、「知恩院和順会館」にぜひご宿泊くださいませ。

 

皆さまの暁天講座へのご参加、和順会館へのご宿泊を心よりお待ちしております。

 

 

開催日:2019年7月27日(土) ~ 31日(水)

時間:各日 午前6時~

場所:知恩院内 法然上人御堂

 

7月27日(土)

講師 : 伊藤 みどり 氏 (1992年アルベールビル五輪銀メダリスト)

演題 : 『スケートと私』

 

7月28日(日)

講師 : 宮﨑 雄二 氏 (医学博士・脳神経外科専門医・脳科学者)

演題 : 『認知症-高齢者多発と早期発見・予防-』

 

7月29日(月)

講師 : 新谷 和義 氏 (株式会社若林工芸舎代表取締役 社長)

演題 : 『伝統工芸から文化財修復へ[38年を振り返り]』

 

7月30日(火)

講師 : 今堀 太逸 氏 (佛教大学歴史学部教授 知恩院史料編纂所編纂員)

演題 : 『千姫と勢至堂万日(まんにち)回向』

 

7月31日(水)

講師 : 勝部 正雄 上人 (総本山知恩院布教師会会長)

演題 : 『白道を歩む人生』

 

 

本年度のパンフレット

 

 

 

こちらは昨年の暁天講座の様子です。

 

 

 

 


春季彼岸会

2019年3月11日  浄土宗総本山知恩院 



みなさま、こんにちは。
3月に入り、春の訪れを少しずつ感じられるようになりました。

暑さも寒さも彼岸までと申しますが、知恩院では3月18日~24日まで春季彼岸会を行います。
お彼岸とは、私たちが現在いるこの世”此岸(しがん)”と別の世界、苦しみの無い世界”極楽浄土(彼岸)”を指します。
極楽浄土は西の彼方に在るとされ、太陽が真西に沈む春分の日が阿弥陀様に思いを馳せるふさわしい日なのです。
亡くなられた大切な方への想いを捧げることの出来る機会です。
是非知恩院へご参拝し、ご供養におつとめ下さい。

 

昨年の春季彼岸会の様子です。

 

知恩院の彼岸会法要では観経曼陀羅(極楽浄土の世界を絵解きしたもの)が掲げられます。

 

開催日 2019年3月18日(月) ~ 24日(日)
場所  法然上人御堂

 


節分の日~知恩院追儺式~

2019年2月4日   和順会館, 浄土宗総本山知恩院 



みなさまこんにちは。

本日は立春ですね。

京都市内の最高気温は14度の予想で、全国的にも大変暖かな立春の日になりそうです。

 

さて、昨日の節分には知恩院で追儺式(ついなしき)が執り行われました。

追儺式とは、もともと旧暦12月30日の大晦日に行う宮中の年中行事で、

平安時代の初期頃から行われている邪気(鬼)を払う儀式です。

旧暦では冬から春に変わる立春が元旦、その前日である節分は大晦日であり、

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていたため、

豆をまいてそれらを払う儀式が定着したと言われています。

 

 

京都でも多くの寺社で節分行事が行われますが、知恩院の追儺式は一風変わっているのをご存知でしょうか?

その年の年男・年女の知恩院職員が知恩院七不思議の1つである長さ2.5m、重さ30㎏もある巨大な「大しゃく

し」とともに諸堂を回り、豆をまいて厄払いをします。

しゃくしは物を「すくう」という事から転じて、阿弥陀さまの「すくい(救い)」を表わしているといわれ、

この大しゃくしで人々を救い取るという願いが込められています。

また例え悪人・罪人であってもお念仏をお称えする人々を救うというところから、

「福は内!ごもっとも!ごもっとも!」という掛け声で、「鬼は外」とは言わないのも大きな特徴です。

知恩院の追儺式は、厄払い、無病息災はもちろんのこと、阿弥陀さまのご本願に乗じて全ての人々が救われるよ

う祈る行事でもあるのです。

またご参拝のみなさまには、招福祈願をした福豆をお配りしております。

 

 

法然上人御堂での法要の後、諸堂を巡ります。

 

 

 

 

和順会館にも巡ってきます。

 

みなさまにお配りしている福豆です。

 

 

2019年年女の当館スタッフ齋藤さんに、追儺式参加の感想を聞いてみました。

齋藤さん

『知恩院に勤めていなければ、袖を通すことはなかったであろう衣装に身を包み、

「福は内!」「ごもっとも!ごもっとも!」という独特の掛け声に合わせての豆まきは私にとって非常に貴重な

経験となりました。

豆まきの移動の際にはたくさんのご参拝の方々から福豆を下さいとお声掛けいただき、身動きが取れなくなるこ

ともしばしば…。

それだけみなさまに知恩院の行事に関心をもっていただけているのだと、一職員として嬉しく思いました。

福豆をお配りしている際に、海外からお越しの方もいらっしゃり、福豆を手に興味深そうにご覧になっていたの

が印象的でした。』

 

12年に1度の大役、非常に良い経験になったようです。

また毎年多くの方がご参拝にお越しいただけることは職員といたしましても大変嬉しい限りです。

 

 

知恩院の追儺式は毎年節分の日13時半より行われます。

ご興味がおありの方はまたぜひ来年ご参拝くださいませ。

お待ち申し上げております。


知恩院寄席がありました。

2019年1月8日   和順会館, 浄土宗総本山知恩院 



皆様、あけましておめでとうございます。

昨年は和順会館をご愛顧いただきありがとうございましたm(__)m

2019年も皆様に快適にお過ごしいただけますよう

スタッフ一同邁進して参りますので、どうぞよろしくお願い致します!

 

さて、先日1月5日、当館では桂文我さんによる知恩院寄席がありました。

知恩院寄席をご覧になった皆様は、素敵な笑顔で会場を後にされました。

皆さんにとって素敵な笑い初めとなったことでしょう。

 

2019年、京都にお寺や神社の御参拝、観光でいらっしゃる際は

是非、当館をご利用くださいませ!

心よりお待ちしております。

 

それでは皆様、厳しい寒さがまだまだ続きますが

風邪など召しませぬようお気を付けてお過ごしくださいませ。

 

 

 


知恩院除夜の鐘と新プランのご案内

2018年12月30日   和順会館, 徒然日記~スタッフのおすすめ~, 浄土宗総本山知恩院 



皆さんこんにちは(^^)

年末寒波の訪れにより各地で初雪が観測されていますが、いかがお過ごしでしょうか?

今朝は和順会館周辺にもうっすらと雪が積もっておりました!

 

さて、今回は大晦日に行われます、除夜の鐘のご案内です!

まず、簡単に除夜の鐘についてご説明をさせていただきます。

 

除夜(じょや)とは

「旧年を除きさる日の夜」(除日の夜)という意味で、12月31日大晦日の夜を指します。

 

除夜の鐘とは

108の煩悩(ぼんのう)の数、鐘を撞き、その音を聞くことで

この1年のうちに作った罪 を懺悔(さんげ) し、罪を作る心を懺悔し、煩悩 を除き、清らかな心 になって新しい年を迎える。という行事になります。

 

知恩院では親綱を引く僧侶と子綱を引く16人の僧侶が

「えーいひとつ」「そーれ」の掛け声のもと罪障消滅(ざいしょうしょうめつ)と世の安穏を祈り鐘を撞きます。

是非知恩院へご参詣ください!

※画像は昨年のものです

 

また、現在冬季のみの期間限定プランが開始されております!

当プランにてご宿泊のお客様には、

和順会館限定、法然上人の御姿の入った腕輪念珠

を進呈させていただきます。

 

この機会に是非和順会館をご利用ください!

期間限定プランの御予約はこちらから↓

http://www7.489ban.net/v4/client/plan/pbview/customer/wajun-kaikan/category/2107


和順会館おすすめプラン

2018年12月6日  会館からのお知らせ, 徒然日記~スタッフのおすすめ~, 未分類, 浄土宗総本山知恩院 



 

 

みなさんこんにちは(ˆˆ)

12月ではめずらしいような暖かさの日が続きましたが、

週末から少し寒くなる予報です。体調を崩されないようご注意ください。

 

知恩院の2018年秋のライトアップも終わり、いよいよ年末という感じがしてきました。

知恩院では毎年恒例、除夜の鐘撞きが大晦日に行われますね(ˆˆ)

NHKのゆく年くる年でご覧になった方も多いとは思いますが、生で見る鐘撞きは

全く別物で、大迫力です!

 

ただ、ご存知の方も多いとは思いますが当日は長蛇の列が予想され、毎年かなりの人出です。

大晦日の寒い中長時間並ぶことに少し気が引けてしまうという方は、12/27の「試し撞き」もおすすめです!

12/27の14時から大鐘楼にて行われます(ˆΟˆ)

こちらも多い人出が予想されますので、十分にお気をつけてご参拝くださいね。

 

 

参考までに昨年の試し撞きの様子をどうぞ☆

 

 

 

 

ぜひぜひお越しください(ˆˆ)♪

 

 

続いては、和順会館おすすめプランのご紹介です。

和順会館で人気の晨朝法要プランは、365日行われる知恩院の朝のお勤めに

貸出品の「お念珠」「お袈裟」「経本」を持ってご参加いただけるプランです。

普段手ぶらでもご参加いただける晨朝法要ですが、本格的にお念珠などを身に着け参加できれば

より厳かな雰囲気を味わえること間違いなしです!

 

本格的な冬が近づき、法要中の境内は凍てつくような寒さですが、澄んだ空気の中

厳かな法要に参加できる機会はなかなかございません。

ぜひ、体験してみてください☆

 

また、晨朝法要プランにてお申込みいただいたお客様にはもれなく

法然上人御姿入の腕輪念珠(2色からお選びいただけます。)をプレゼントしております。

レアグッズなのでぜひゲットしてくださいね!

 

↑ 腕輪念珠

(左から 素引縞黒檀・素引縞紫檀)

 

 

これからの季節、京都へ家族旅行に・・・と考えていらっしゃる方も多いかと思います。

そんな方はぜひ京都を心から満喫できる宿、和順会館へお越しください。

良い旅になること間違いなしです☆

 

↓ ご予約は下記リンクよりどうぞ☆

晨朝法要プラン

 

 

 

 

 


知恩院秋のライトアップに行ってまいりました。

2018年11月27日  浄土宗総本山知恩院 



皆様、紅葉の季節を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。

先日、当ブログにてご紹介いたしました『知恩院秋のライトアップ2018』に私、和順会館職員も行ってまいりました!

11月2日~4日までの3日間はオープニングイベントとして「おてつぎフェス2018 -Hand to Hand-」がおこなわれました。
おてつぎフェスとは、浄土宗の開祖、法然上人がお示しになられたお念仏のみ教えを多くの人につないでいく“おてつぎ”と“フェス”が融合したイベントです。今年で3回目の開催となりました。

私が行きました日には三門下にてお坊さんバンド“ぽくぽくすまいる”の演奏が行われておりました。

 

演奏中の様子はこちら

本当にお寺に居るのだろうか。そう感じさせられるほどライトアップ参拝者様との距離が近く盛り上がっておりました!

私は、僧籍を持っておりませんが、それでもすごく楽しめました。また、この様なイベントによってお寺・仏教をより身近に感じることができました。
おてつぎフェスは大盛況のうちに幕を閉じましたが、宝佛殿ではライトアップ期間中毎日、お坊さんによる20分程度のお話と木魚念仏体験が出来る「聞いてみよう!お坊さんのはなし」が開催されております。
とても貴重な体験になることと思います。紅葉を見た後にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

さて、肝心の紅葉ですが私が行ってきました際はまだ緑が多かったものの、現在はしっかりと木々も色づいております。
今年の秋のライトアップ期間も残りわずか!12月2日(日)までとなっております。
まだ来ていない!という方はぜひ知恩院秋のライトアップへお越しくださいませ。

 

『知恩院秋のライトアップ2018』

・期間: 2018年11月2日(金)~12月2日(日)
・拝観時間: 17:30〜21:30(21:00受付終了)
・拝観場所: 友禅苑、三門楼上、女坂、宝佛殿
・料金: 大人800円、小人400円(小・中学生)


「知恩院 秋のライトアップ2018」が始まります!

2018年11月1日  浄土宗総本山知恩院 



本日二度目の更新となりますが、お知らせをさせて頂きます。

明日、11月2日より

知恩院 秋のライトアップ2018

が始まります!

 

今年も力の入った様々なイベントが催されます。

11/2~11/4まではオープニングイベント

11/5以降は週替わりのテーマで知恩院僧侶のお話も行われます。

今回は2年ぶりに国宝である三門の回廊も特別公開です。

普段はお入り頂けないところですので、ぜひぜひこの機会にお越し下さい。

 

 

詳細は下記の特設サイトをご覧ください。

http://www.chion-in.or.jp/special/lightup_aut/

特設サイトでは、知恩院僧侶が出演するPR動画も公開されております!

ライトアップの模様は和順会館インスタグラムでも近日更新予定ですので、楽しみにお待ちください。

 

 

・期間: 2018年11月2日(金)〜12月2日(日)

・拝観時間: 17:30〜21:30(21:00受付終了)

・拝観場所: 友禅苑、三門楼上、女坂、宝佛殿

・料金: 大人800円、小人400円(小・中学生)


☆華頂流 花道教室のご案内☆

2018年5月21日   和順会館, 浄土宗総本山知恩院 



こんにちは(^^)☆

5月も後半に入り、夏が近づいてきましたね。

京都・鴨川では、夏の風物詩である川床の利用が始まりました。

見ているだけで涼しい気持ちになります(^_^)

 

 

 

さて、総本山知恩院では「華頂流 花道教室」を開催しております。

「華頂流」とは、知恩院門跡を総裁とし、数ある華道の中でも古い歴史と由緒正しい流れを持つ流派です。

華道の心を多くの方に伝える目的を掲げて設立開所されました。

宮中に伝承された「青山御流」の流れをくんだ華道です。

 

今月21日(月)に開催された教室の様子を少しご紹介いたします♪

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、熱心に取り組んでおられます。

 

 

 

部屋中、華やかです☆

 

 

 

 

 

教室中、緑が目に鮮やかでした(^O^)♪♪

 

 

「華頂流 華道教室」は、毎月2回・月曜日「知恩院 和順会館」にて開催しております!

以下、お申込み・お問合せ先

総本山知恩院 華頂流総本部

TEL:075-531-2157  FAX:075-531-2160

E-mail:fukyou@chion-in.or.jp

ご案内ページ:http://www.chion-in.or.jp/03_gyoji/kad.html

 

ぜひお申込みくださいませ☆

 

 

 

 


『春の梅衣展』『知恩院 春のライトアップ2018』  ☆開催中☆  

2018年3月16日  会館からのお知らせ, 浄土宗総本山知恩院 



こんにちは(^O^)

3月も半ばを迎え、春の陽気になってきましたね。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

暖かくなり、お花見が楽しみな季節ですね♪

今回は、『春の梅衣展』『知恩院 春のライトアップ2018』についてご紹介いたします。

 

まずは、知恩院和順会館・地下1階ギャラリーで開催中の『春の梅衣展』をご紹介いたします☆☆

染師・梅染友禅作家、山本晃先生が主催しておられます(^^♪

 

 

 

優しい色合いが美しいです(^^)

 

 

 

↑染料の展示もございます。

作品と染料を見比べてみるのも面白いですね☆

 

前回12月の展示に引き続き、知的・発達に障害を抱える子どもたちの支援施設「梅染工房ひかり」と山本先生のコラボレーション作品を展示しております。

 

↓コラボレーション作品がこちら、山本先生監修・和晒(わざらし)の古代染めふんどし「Izuhun」です☆

梅・山桃・びわなど、自然の素材を染料として使っているそうです(^^)

 

 

 

綺麗な色合いですので、テーブルクロスやスカーフとして使う方もおられるそうです(^^)/

 

 

足袋ソックス「Izu tabi socks」も展示しております♪

 

お越しの際、「梅染工房ひかり」にご寄付・ご協賛いただいた方へ、記念のお品をお渡ししているとのことです(^^♪

 

 

 

 

また、今回の展示では、ドレスメイキング・デザイナー「山田 起美代氏」の作品も多数展示しております☆

 

 

カラフルで美しいです♪

 

 

↑画像のワンピースは、着物の帯で作られているそうです。

山田氏は着物地の再生に尽力されている方で、世界でも活躍されています。

 

 

 

目にも鮮やかです☆☆

 

展示期間:2018年3月1日(木)~28日(水)

展示時間:11:00~17:00 ※12:00~17:00に変更

展示場所:知恩院和順会館・地下1階ギャラリー

入場無料、ご自由にご観覧いただけます。

 

是非お越しくださいませ(^_^)/

 

 

 

 

また、『知恩院 春のライトアップ2018』も現在開催中です☆

当館スタッフも拝観してきました(^^)

 

友禅苑の様子です。

知恩院友禅苑内にはお茶席もございます♪

 

友禅苑にある茶室「白寿庵」では、『織物の茶室「霞庵」』を展示しております☆

『織物の茶室「霞庵」』は、ステンレスのフレームに縒糸を張りめぐらせた茶室空間です。

※こちらは展示のみになります。

↓こちらが画像でございます☆

 

 

↓女坂もライトアップされています。

 

 

 

梅が満開でした♪

 

期間: 2018年3月9日(金)〜18日(日)

拝観時間: 18:00〜21:30(21:00受付終了)

拝観場所: 友禅苑、三門下周辺、女坂、阿弥陀堂

料金: 大人500円、小人300円(小・中学生)

 

まだまだ気温が下がりますので、暖かい服装でお越しくださいませ(^^)♪♪

 


☆「京都・東山花灯路2018」と「知恩院 春のライトアップ2018」のお知らせ☆

2018年2月26日  おこしやす京都~イベント情報~, 会館からのお知らせ, 浄土宗総本山知恩院 



2月も残すところわずかとなりました(^^♪

皆様、いかかお過ごしでしょうか?

3月が近づき、春ももうすぐですね。

 

 

さて、3月9日~18日には「京都・東山花灯路2018」が開催されます。

東山山麓の青蓮院周辺から清水寺周辺までの約4.6㎞の小路が「灯りと花の道」になります。

京の伝統工芸である清水焼・北山杉・京銘竹・京石工芸・金属工芸で出来た露地行灯の「灯り」(約2500基のLED電球を使用)と、いけばな作品の「花」で小路が鮮やかに彩られます☆☆

知恩院をはじめ、青蓮院・円山公園・高台寺・八坂の塔・清水寺など、歴史的な文化遺産やまち並みなどが、日本情緒豊かな陰影のある露地行灯の灯りと花により、華やぎのある路で演出されます。(『京都・東山花灯路公式サイト』より一部引用)

 

※画像は過去のものです。

 

いずれも当館より徒歩5分~30分以内の距離にあり、知恩院三門前も点灯ルートにございます(^〇^)

「京都・東山花灯路」の開催期間は以下の通りです♪

・期間:2018年3月9日(金)〜18日(日)

・点灯時間:18:00~21:30

 

 

また、知恩院では同時期に「春のライトアップ2018」が開催されます!(^_^)

ライトアップ期間中、「聞いてみよう!お坊さんのはなし」や「聴いてみよう!お坊さんの生演奏」など、楽しいイベントも盛りだくさんです♪♪

お説教ギターライブや、三味線法話、バンド演奏もございます。

詳細は以下の特設ページをご確認くださいませ。

http://www.chion-in.or.jp/10_lightup/2018_spr/

・期間: 2018年3月9日(金)〜18日(日)

・拝観時間: 18:00〜21:30(21:00受付終了)

・拝観場所: 友禅苑、三門下周辺、女坂、阿弥陀堂

 

・料金: 大人500円、小人300円(小・中学生)

 

※画像は過去のものです。

 

 

現在、知恩院和順会館では「『京都東山花灯路』開催!素泊まりでお得な記念品付プラン」を実施中です☆

皆様、「京都・東山花灯路2018」「知恩院 春のライトアップ2018」にお越しの際は、是非当館をご利用くださいませ(^_^)♪

宿泊のご予約はこちらへ↓

 

http://www7.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/wajun-kaikan

 

皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております☆

 

 

 

 


追儺式が行われました

2018年2月18日  浄土宗総本山知恩院 



 

皆様、こんにちは。

立春が過ぎ、暦のうえでは春のはじまりですが、まだまだ寒い日が続きます。
知恩院では立春の前日、2月3日に追儺式(ついなしき)を行いました。

追儺式とは、阿弥陀様の慈悲により全ての人々が救われるよう祈る節分行事です。
当山の節分は、「福は内」「ごもっとも、ごもっとも」という独特の掛け声に合わせて、『豆まき』をいたします。

 

 

法然上人御堂にて法要が行われ、追儺式がはじまります。

 

 

知恩院七不思議である、長さ約2.5m、重さ約30kgの大杓子(おおしゃくし)を持ちながら諸堂をまわります。

 

 

国宝三門を背景に裃を付けた、知恩院職員の年男年女が「福は内」と唱和しました。

 

 

和順会館にも『豆まき』に来ました。

 

 

ご参拝の皆さまには、招福祈願しました福豆をおわけいたしました。

 

 

 

追儺式は毎年行われる、知恩院の恒例行事でございます。

ご興味のある方はぜひ、来年知恩院までご参拝下さいませ。

 

 

 


浄土宗開宗850年シンボルマークが決定しました!

2018年1月10日   和順会館, 会館からのお知らせ, 浄土宗総本山知恩院 



皆様、あけましておめでとうございます☆

昨年は多くの方々にお越しいただき、ありがとうございましたm(__)m

皆様により一層喜んでいただけるよう、スタッフ一同精進してまいりますので、2018年もよろしくお願いいたします!

 

 

 

さて、浄土宗は2024年に開宗850年を迎えます。

(※法然上人は、1175年に浄土宗を開かれ、南無阿弥陀仏と称えることによりすべての人々が平等に阿弥陀さまに救われていく道を説かれました。)

今回、浄土宗では、開宗850年のキャッチコピー「お念仏からはじまる幸せ」を象徴するシンボルマークが募集され、全国から601点もの作品が応募されました。

その中から、開宗850年のシンボルマークが選考・決定され、昨年12月に発表されましたので、当ブログでもご紹介いたします♪

今後、浄土宗は、最優秀賞に決定したシンボルマークを活用して、開宗850年をPRしていくとのことです。

 

現在、和順会館では、地下1階ギャラリーにて、シンボルマーク募集作品展示会を開催中です(^Ο^)♪♪

※応募作品多数のため一部を展示します。総本山知恩院では、会場を分けて全作品を展示します。どの作品をどちらで展示するかはお知らせできませんのでご了承くださいませ。

 

さっそく展示会の様子をご紹介いたします☆

 

 

まずこちら、最優秀作品を展示しております。

法然上人のシルエットが印象的です。

 

また、

たくさんの作品も展示しております(^^)/

 

 

↑笑顔が素敵な作品です☆

 

素敵な作品を多数展示しております。

ぜひお越しくださいませ♪♪

 

※展示期間

平成30年1月6日(土)~31日(水)/午前9時~午後4時

入場無料

知恩院和順会館 地下1階 ギャラリーにて

 

 


知恩院 秋のライトアップ2017 開催中です♪

2017年11月29日  徒然日記~スタッフのおすすめ~, 浄土宗総本山知恩院 



みなさんこんにちは(^^)

11月もあと少しとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

冷え込みも厳しくなってきましたね。

 

それに伴い、知恩院では紅葉が見頃になっております。

今回は、知恩院の紅葉をご紹介します(^Ο^)☆

 

 

↑こちらは友禅苑の紅葉です。

紅葉のグラデーションがきれいです♪

 

↑紅葉が青空に映えてとても色鮮やかですね☆

 

 

また、知恩院では「秋のライトアップ2017」を開催中です(^Ο^)

あと数日となりましたが、紅葉はまだまだ続いております。

 

ライトアップの様子を少しご紹介します(^^)☆彡

 

 

ライトアップされた階段を通っていくと・・・

 

 

友禅苑に着きます(^^)♪

 

水面に景色が鏡のように写りこんでいます☆

 

 

お昼とはまた違った風景が見られます♪

 

※ライトアップ2017は、12月3日(日)まで開催中☆☆

残すところ数日となりました!

拝観時間は、17:30~21:00(21:00受付終了)となっております。

大人800円/小人400円です。

 

皆様、暖かい服装でぜひお越しください(^Ο^)♪♪

 


適マーク(金)交付のお知らせ

2017年10月14日   和順会館, 会館からのお知らせ, 浄土宗総本山知恩院 



 

 

みなさんこんにちは(ˆˆ)!

すっきりしない天気が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?

気温も一気に下がって秋めいてきましたね。

先日は季節外れの暑さを記録し、京都では30℃まで気温が上がりましたが

タンスの衣替えも済ませてしまっていると、着るものに困ってしまいますよね(>_<)

連日の雨が終わり、秋晴れの気持ちがいい天気が続くのが待ち遠しいですね♪♪

行楽シーズン、みなさんお出かけされる場所はお決まりでしょうか??

京都にお越しの際はぜひ知恩院にもお立ち寄りください(ˆΟˆ)!

近くには多くの有名な寺社仏閣があり、アクセスも良好です♪

 

 

さて、和順会館は先日10月1日に適マーク(金)が交付されました!!

 

「適マーク制度」とは、宿泊施設からの申請に基づいて、消防署が審査した結果、

消防法令のほか、重要な建築構造等に関する基準に適合していると認められた

建物に対し、「適マーク」を交付する制度です。

宿泊施設が「適マーク」を掲出することにより、建物の安全・安心に関する情報を

利用者に提供することが可能となります。 (※消防庁HPより)

 

とあります。難しい言葉ばかりで分かりづらいと思いますが、

簡単に言うと、和順会館は定期的に職員を対象とする消防訓練を行い、

実際に火災が起きた時でも迅速に対応ができるよう、消防署の立ち合いのもと

指導を受けています!そのため、今回「適マーク(金)」が交付されたということです(ˆˆ)!

 

 

これからも訓練を怠らず、お客様の安全を確保することができるよう、精いっぱい

勤めていきたいと思っております!よろしくお願いいたします。

 

 

 

また、この度トリップアドバイザーのエクセレンス認証(2017年)を受賞しました!

 

 

これはどういったアワードかというと、最高のサービスを継続的に提供している

ホスピタリティ施設を表彰するものです。このアワードは過去一年間、

トリップアドバイザーの口コミで一貫して高く評価されている施設に

与えられます。お客様に優れたサービスを提供し続けてきた世界中の

施設がエクセレンス認証を受賞しているそうです!

 

 

このようなアワードをいただき、和順会館一同大変ありがたく

感じております。

これからも、心からおくつろぎいただき、もう一度泊まりたいと

感じていただけるような宿坊施設を目指してスタッフ一同

精進していきたいと思いますので、

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

では、また次回のブログでお会いしましょう☆☆

 

 

 

 

 

 


知恩院 秋のライトアップ2017

2017年9月30日   和順会館, 会館からのお知らせ, 未分類, 浄土宗総本山知恩院 



 

みなさんこんにちは(ˆˆ)☆

もう9月も終わり、10月に入ります!

1年は早いなと改めて感じますね。

知恩院の除夜の鐘が鳴る大晦日まで残り3か月です。

みなさん思い残すことの無いよう、残りの1日1日を大切にすごしましょう!

 

お彼岸を過ぎ、朝晩がだいぶ冷え込むようになりました。

日中との寒暖差で体調を崩しやすい季節です。

十分にお気を付けください(ˆˆ)

 

 

知恩院の参道を歩いていると、四季折々の自然の表情を楽しむことができます。

今のような季節の変わり目は、早朝の木漏れ日が本当にきれいです!

 

 

すがすがしい気分になれると思います!

ぜひぜひお散歩してみてください☆

 

 

さて、今年も知恩院 秋のライトアップの時期が近づいてまいりました!

今年はイベントが増え、盛りだくさんの内容となっております(ˆˆ)♪

 

まず、オープニングイベントとして「おてつぎフェス」が開催されます。

「三門コンサート」・「お坊さんと話してみませんか」の2つのイベントが

行われる予定です。

三門コンサートでは、二胡(にこ)とシンセサイザーの共演で演奏が行われます♪

二胡は中国の伝統的な弦楽器で、2本の弦を間にはさんだ弓で弾くのが特徴です。

シンセサイザーはご存知の通り電子楽器なのですが、伝統楽器と現代楽器の

音色が合わさるとどのような演奏になるのか楽しみですね!!

 

もうひとつのお坊さんと話してみませんかでは、

浄土宗僧侶の皆様から貴重なお話を聞くことができます!

めったにない機会ですので、皆様ぜひお越しください♪♪

 

そして、11/7以降の毎日、宝佛殿にて「聞いてみよう!お坊さんのはなし」が

開催されます。週替わりでテーマが異なるので、毎週来ていただいても

お楽しみいただけます(ˆˆ)!お話の後には皆様で木魚を打ちながら

「南無阿弥陀仏」とお念仏をお称えします。

仏教になじみのない方もお気軽にお越しください♪

 

また、新企画として「ぶつけてみよう!あなたのオモイ」が開催されます!

簡単なお話と木魚念仏体験の後、お坊さんが皆様の悩みや日頃の

想いなどをお聞きいたします。この機会にご自身の想いを聞いてほしいと

いう方がいらっしゃいましたら、ぜひお越しくださいませ(ˆˆ)♪

 

また例年通り、友禅苑・三門下周辺・女坂・宝佛殿・大鐘楼が

ライトアップされます。夜の知恩院を拝観する機会もなかなかございませんので

ぜひ、お楽しみくださいませ!

 

 

 

概要は下記の通りでございます。

 

 

~知恩院 秋のライトアップ~

期 間〇平成29年11月3日(金・祝)~12月3日(日)

時 間〇17:30~21:30(21:00受付終了)

料 金〇大人800円・小人400円(小・中学生)

 

≪オープニングイベント おてつぎフェス≫

日 程〇11/3(金・祝)・11/4(土)・11/5(日)

☆三門コンサート

開始時間①18:00~ ②19:00~

☆お坊さんと話してみませんか

(宝佛殿にて開催)

開始時間①18:30~ ②19:30~

 

≪聞いてみよう!お坊さんのはなし≫

日 程〇11/7以降の毎日(月曜日を除く)

(宝佛殿にて開催)

開始時間①18:30~ ②19:30~

 

新企画≪ぶつけてみよう!あなたのオモイ≫

日 程〇毎週月曜日(11/6・11/13・11/20・11/27)

(宝佛殿にて開催)

開始時間①18:00~ ②19:00~ ③20:00~

 

※状況により時間が変更になる場合がございます。

 

 

 

 

皆様ご一緒に、秋の夜の素敵なひとときを知恩院で過ごしましょう(ˆˆ)♪♪

心よりお待ち申し上げます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インスタグラム企画「今週の知恩院」

2017年8月24日   和順会館, 会館からのお知らせ, 未分類, 浄土宗総本山知恩院 



 

みなさま、こんにちは☆

お盆を過ぎて、だんだんと朝晩が涼しくなってきましたね。

 

 

写真のように、夕暮れ時の参道は、心地良い風が吹き抜けて

お散歩するにはもってこいです(ˆΟˆ)

 

 

↑ 境内も早朝の散策はとても気持ちがいいです♪

ぜひ早朝のおつとめ後、散策してみてください(ˆˆ)

 

 

お盆を過ぎると夏が終わるような感じがして、少しさみしく感じます。

紅葉のシーズンになると京都は今よりもっとにぎわいます♪♪

紅葉の様子もまたお届けしますのでお楽しみに(ˆΟˆ)☆

 

 

さて今回のお知らせは、和順会館公式インスタグラムで8/7より

始動しているプロジェクト、『今週の知恩院』についてです。

 

和順会館では公式インスタグラムを開設しております。

主に日常の風景であったり、行事の様子などを投稿していますが、

より多くの方々に、和順会館または知恩院の魅力を感じて

いただきたいと思い、今回のプロジェクトを始めました。

 

毎週月曜日に職員の写真と紹介とともに、その職員の言葉で

和順会館と知恩院の魅力を伝えていきたいと思っております!

知恩院をより身近に感じて頂き、より多くのお客様に関心をもって

いただければと思います。

 

「今週の知恩院」以外にも、様々なものを投稿しておりますので

ぜひフォローしてみてください!(ˆΟˆ)♪♪

 

 

↑ こんな感じです☆

 

☆和順会館公式インスタグラム☆

 

 

また、京都の夏の風物詩

「京の夏の味覚を堪能! 贅沢な『鱧会席』を楽しむ2食付きプラン 2017」

が、8/31をもって受付終了となります!

 

(※イメージ画像)

 

ぜひ、夏の終わりを感じて頂ければと思いますので、

ご予約お待ちしております(ˆˆ)☆☆

 

☆京の夏の味覚を堪能! 贅沢な『鱧会席』を楽しむ2食付きプラン 2017☆

 

 

 

それではみなさま、残り少ない夏を存分にお楽しみください♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 


第51回 知恩院の暁天講座と梅衣展

2017年8月8日   和順会館, 会館からのお知らせ, 未分類, 浄土宗総本山知恩院 



 

 

みなさま、お久しぶりでございます(ˆΟˆ)

先日は台風5号が京都を通過し、激しい風雨でしたね。

通過した後も、土砂災害などの二次災害が起きる可能性もありますので

みなさま十分にお気を付け下さい!!

河川も水位が上昇している状態が当分は続くかと思いますので近づかないようにしましょう。

 

さて、和順会館と知恩院の近況をお知らせ致します♪♪

7/1~7/25まで地下1階ギャラリーにて行われておりました、「夏の梅衣展」の

様子を一部ご紹介いたします(ˆˆ)

 

 

 

 

 

 

また、今回は現代アート作家である桑山真弓さんとコラボし、

イベントをされました!日本舞踊と書を掛け合わせたもので、

美しい日本文化を感じることができる素晴らしいものでした☆☆

 

☆催しの様子☆

 

↑ 実際の様子です。

 

 

今後の梅衣展の予定は、決定しだいお知らせしたいと思いますので

みなさまお楽しみに!☆☆

 

 

続きまして、「第51回 知恩院の暁天講座」の様子をお届けしたいと思います。

こちらも毎年恒例の催しですが、今回も各界の著名な方々より貴重なお話を拝聴いたしました!

一部の写真をご紹介します♪♪

 

 

↑ こちらは7/27の小和田哲男さんの講座の様子です。

初日にかかわらず、たくさんの方々にお越しいただきました!

 

 

↑ こちらは7/29の露の団姫さんの講座の様子です。

メディアにも出演されている著名な方のお話を聞ける貴重な機会でした☆☆

 

毎年芋がゆを提供しております☆

 

 

 

今年、ご都合が合わず来られなかったという方がいらっしゃいましたら

来年ぜひ暁天講座へお越しくださいませ♪♪

早朝の催しでございますので、ご参拝の際は和順会館へのご宿泊もぜひお待ちしております!

 

 

暑い日が続きますが、みなさま体調を崩さないようお気を付け下さい(ˆΟˆ)♪

 

 

 


夏の梅衣展のお知らせ

2017年7月7日   和順会館, 会館からのお知らせ, 浄土宗総本山知恩院 



 

 

みなさま、ごぶさたしております(ˆˆ)

本日7/7は七夕祭りの日ですね☆☆

七夕とは、中国・日本・韓国・ベトナムなどにおける、節供・節日のひとつです。

旧暦では7/7の夜のことをいいます。

天の川に隔てられた織姫と彦星が、年に一度逢うことを許された日が7/7です。

 

知恩院の法然上人御堂には七夕の笹がかざられています☆

さまざまな願い事が飾られていましたが、私は和順会館スタッフの健康を祈願しました!

 

 

 

 

みなさまの願いが空に届き、素敵な夜を過ごされることを祈っています☆

 

 

続きまして、恒例の夏の梅衣展のお知らせです!

いつもの梅染めの素晴らしい作品に加え、今回は新たなコラボレーションが

行われる予定です(ˆΟˆ)

現代アート作家で、空間演出家である桑山真弓さんが参加され、

7/15(土)、7/16(日)、7/17(月)と催しをされます。

時間は13時~16時の予定です!何が行われるか、和順会館スタッフも

まだ分かりません!是非、当日お越しになって頂き、芸術のコラボレーションを

その目でご覧いただければと思います☆☆

 

作品の一部を紹介いたします♪♪

 

 

 

 

上の作品は一部です。

他にも鮮やかで印象的な作品が数多くございます♪♪

 

 

こちらが、桑山さんと梅染め(植物染め)のコラボレーション作品です!

こちらの作品は、写真で見るのと実際見るのとでは、全く印象が異なります。

ぜひ、足をお運び頂いてご覧いただければと思います(ˆΟˆ)

 

 

詳細は下記の通りです ↓

 

 

 

 

~夏の梅衣展~

会場:和順会館 地下1階「ギャラリー和順」

日時:2017年7月1日(土)~2017年7月25日(水)

11時~17時まで(最終日のみ16時まで)

※入場無料

 

 

 

 

 

 

☆和順会館 期間限定宿泊プラン☆

 

京の夏の味覚を堪能! 贅沢な『鱧会席』を楽しむ2食付きプラン 2017

 

鱧をふんだんに使った夏限定の宿泊プランです!

「花水庵」自慢の鱧会席をぜひ、ご堪能ください♪♪

 

 

 

 

 


大橋紀雄師 遺作写真展のお知らせ

2017年6月3日   和順会館, 会館からのお知らせ, 未分類, 浄土宗総本山知恩院 



 

 

 

みなさま、お久しぶりでございます(ˆˆ)

6月に入ったばかりですが、京都は暑い日が続いていますね。

今年は5月で33℃を記録した日もあり、猛暑が予想されています。

こまめな水分補給を心掛けて熱中症には十分ご注意ください!

 

ですが、夕暮れ時がきれいな季節にもなってきましたね♪

 

 

知恩院の参道から見る夕日は毎日とても美しく、心が癒されます(ˆˆ)♪

 

 

さて、和順会館から写真展のお知らせです!

大橋紀雄師の遺作写真展が和順会館 B1 「ギャラリー和順」にて行われます!

 

大橋紀雄師は、社会福祉法人平安養育院の理事・施設長としてご活躍され、

昨年7月20日にお亡くなりになりました。

今回は、師の傑作「知恩院の風光」と未発表の作品を多数展示する予定となっております。

 

平安養育院とは明治38年に創立された児童養護施設です。

大正7年に知恩院教団に運営委譲され、浄土宗総本山知恩院が設立する

財団法人となりました。

昭和27年には、社会福祉法人平安養育院となって現在に至ります。

 

展示会の詳細は下記の通りです(ˆˆ)

 

 

「大橋紀雄師 遺作写真展」

 

会場:和順会館 地下1階「ギャラリー和順」

日時:2017年6月14日(水)~2017年6月19日(月)

11時00分~19時まで(最終日のみ17時まで)

 

 

素晴らしい作品をご覧いただき、大橋師を偲ぶ良い機会にもなるかと思います。

みなさま是非和順会館へお越しください。お待ちしております♪

 

 

 

 

 

 


春のライトアップと春の梅染展

2017年3月10日   和順会館, 未分類, 浄土宗総本山知恩院 



 

 

 

みなさんこんにちは!(ˆΟˆ)

最近は日によって寒暖差が激しく、体調も崩しやすいですし

服装も迷ってしまいますね(>_<)

ですが、だんだんと春らしい暖かい日差しの日が多くなってきました!

桜の花が咲くころが待ち遠しいですね☆

今年も京都のきれいな桜の写真をみなさんにお届けできるかと思いますので

楽しみにしていてくださいね(ˆΟˆ)

 

さて、知恩院ではいよいよ春のライトアップが始まりました!

 

京都の街中では、この印象的なポスターを見かけた方も多いのではないでしょうか?

お坊さんに会いに行こう!と題し、「聞いてみよう!お坊さんのはなし」や、

知恩院三門広場(和順会館前)では、武人画師 こうじょう雅之さんによる

「墨絵アートパフォーマンス」が行われております!

 

 

 

 

 

 

パフォーマンスの様子です!圧巻のひとことでした☆☆

今後のアートパフォーマンスの日程は、

3/10(金)、3/11(土)、3/12(日)

①午後6時30分~

②午後8時20分~

の2回行われ、各20分程です。

 

また「聞いてみよう!お坊さんのはなし」は、ライトアップ期間中、宝佛殿にて毎日開催しております♪

開始時間は、①18:15~②19:00~③20:00~(各回15~20分程度)となっております。

※状況により開催時間が変更になる場合がございます。

参加された方限定で特別なイベントのご案内もございますので、

まだご覧になられていない方は是非、知恩院へお越しください(ˆΟˆ)♪

お待ちしております!!

 

 

 

続きまして、恒例の春の梅染め展のご案内です!☆

今回の見どころは、NPO法人障害福祉支援もえぎグループと共同で行う

「もえぎ梅染プロジェクト」です。

 

まず、NPO法人障害福祉支援もえぎグループについてご説明致します!

もえぎグループは、神奈川県・静岡県を中心に、現在約25か所の放課後等デイサービスと

児童発達支援事業所を開設している団体です。

「放課後等デイサービス」 「児童発達支援」とは、

知的・発達などの障害を抱えた子供たちへ、大人になるまでに少しでも

出来る事を増やし可能性を広げることを目的に、放課後や休日、または学校の長期休暇

などを利用して、安心できる居場所を提供しながら、運動・学習・生活トレーニングなど、

一人ひとりに応じた各種支援を、学校や地域とともに連携しつつ注ごうとする児福祉事業です。

 

そういった方たちの社会支援の一環として、京都で現代の名匠として活躍されている

山本先生に協力を得て、将来の自尊自立につながる新たな職場の創造を目指す取り組みが

「もえぎ梅染プロジェクト」です。

 

具体的には、山本先生のご指導により、高付加価値なアパレル製品群を、

製造工程を細分化して、各工程ごとの要求能力と、子どもの資質をマッチングさせる形の

就労支援施設(梅染香房)を開設することなどが挙げられるようです。

 

今回は、そういった方たちとのコラボレーション作品等がメイン展示となっています。

 

一部をご紹介したいと思います☆

 

 

 

どの染物も、梅染の自然で美しい色合いが感じられる作品となっております。

会場には山本先生もいらっしゃっておりますので、様々なご質問にも

お答えいただけるかと思います☆☆

 

 

 

 

 

↑ このような作品の他にもまだまだ様々な展示がございますので

ぜひ和順会館にお越しいただき、堪能していただければと思います(ˆˆ)♪

 

 

 

~春の梅衣展~

 

会場:和順会館 地下1階「ギャラリー和順」

日時:2017年2月18日(土)~2017年3月20日(祝)

11時~17時まで(最終日のみ16時まで)

※入場無料

 

 

 

☆山本先生Facebook☆

 

↑ 山本先生のフェイスブックです☆

なにかご質問等ございましたら直接コンタクトを!(ˆˆ)

 

 

みなさんのご来館をスタッフ一同心よりお待ちしております☆☆

 

 

 

 


追儺式が催されました☆

2017年2月6日   和順会館, 会館からのお知らせ, 未分類, 浄土宗総本山知恩院 



 

 

みなさんお久しぶりです(ˆΟˆ)

2017年も早いもので、もう2月に突入致しました!

京都は稀にみる積雪を観測し、大寒波が到来致しましたが

みなさん体調を崩されたり、お怪我などはございませんでしたでしょうか?

 

寒いのはもうこりごりという方もいらっしゃるかと思いますが、雪化粧の

知恩院三門はいつもと雰囲気が異なり、かなり見ごたえのある風景でした!

 

その様子がこちらです。↓

 

一面銀世界の参道・三門はなかなか見る事が出来ない光景です!

たまには寒いのも良いかもしれないですね☆

 

 

さて、先日2/3知恩院では毎年恒例の節分行事・追儺式が催されました☆

追儺式では、知恩院の七不思議のひとつである「大杓子」を運び歩きます。

なぜ、知恩院の節分では「鬼はーそと!」と言わないのかご存知でしょうか??

大杓子の大切な意味として、全ての人々を “救いとろう” とする、

阿弥陀様のお慈悲の深さを表しております。

その為、鬼も救いとろうという意味で「鬼はそと」とは言わないそうです。

どんな悪人・罪人であってもお念仏をお称えすることで、阿弥陀様は区別なく手を

差し伸べられ、たくさんの人を “すくう” ために、このような大きな杓子を

持って、厄払いをしております(ˆΟˆ)

 

 

↑これが、参拝のお客様にお配りする福豆です☆

手作り感のあるハンコの柄がとてもかわいいです!

まだ参拝されたことないお客様は、ぜひ来年はご参拝ください!

 

 

さて、この度Booking.com口コミアワード2016にて、

和順会館は8.9の評価を頂きました!(ˆΟˆ)

多くのお客様に和順会館をご利用頂き、ご満足いただけ、

スタッフ一同大変嬉しく感じております。

 

今後もより良いサービスを目指し、スタッフ一同邁進してまいりますので

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

これから暖かくなっていくのが楽しみですね☆

桜のシーズンが訪れると京都はかなりにぎわいます。

みなさんも京都へ観光の際は是非和順会館へのご宿泊お待ちしております!

 

 

☆和順会館オススメプラン☆

京の夕食と朝食付き 1泊2食付き宿泊プラン

お写経体験プラン

晨朝法要プラン

 

 

 

 

 

 

 

 


明けましておめでとうございます!

2017年1月3日   和順会館, 未分類, 浄土宗総本山知恩院 



 

img_1316

 

みなさま、明けましておめでとうございます。

昨年は多くのお客様に当館をご利用頂きまして、

誠にありがとうございました。

2017年はより多くのお客様に和順会館を知っていただき、

ご利用頂いたすべてのお客様に満足いただけるよう、

スタッフ一同邁進して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

和順会館フロントには、お正月のかわいらしい置物が並んでいます☆

 

img_1313

 

もう三賀日も終わりますので撤去となってしまいますが

なんだか寂しい感じがしますね。

お正月休みも終わりの方が多いかと思いますが、しっかり

お休みになられたでしょうか??

またこれから1年間元気に頑張りましょう!(ˆΟˆ)

 

 

 

さて、12/31知恩院では除夜の鐘撞きが執り行われました!!

寒い中多くのお客様にご参拝頂きまして、誠にありがとうございました。

前回の記事でご紹介した通り、撞く数は我々が持つ煩悩の数、108つです。

少しだけ当日の様子をご紹介したいと思います☆☆

 

img_1317

 

img_1318

 

img_1320

 

毎年ながら、大迫力です!!

実際ご参拝された方は、すがすがしい気持ちで新年を迎えることが

できたのではないでしょうか?

 

また来年も是非お待ちしております!(ˆΟˆ)

 

 

2017年、京都へ観光等でご旅行をお考えの方は

各観光スポットへのアクセスも良い和順会館をぜひ、ご利用ください

心よりお待ちしております!

 

★和順会館おすすめ宿泊プラン★ ↓

 

お写経体験プラン

京の夕食と朝食付き 1泊2食付き宿泊プラン

 

 

 

 


知恩院 除夜の鐘試し撞き

2016年12月30日   和順会館, おこしやす京都~イベント情報~, 未分類, 浄土宗総本山知恩院 



 

 

みなさんこんにちは(ˆΟˆ)

ついに京都市内も雪がちらつきましたね!

あっという間に止んでしまったので写真は撮れなかったのですが

晴れ間に雪がひらひらと舞ってきれいな光景でした☆

 

さて、先日27日は恒例の除夜の鐘 試し撞きが行われました!

今回はその様子をご紹介したいと思います。

27日は朝から雨が降っており、試し撞きの最中はどうなるかと思っていましたが

小雨に変わり、ほとんど止んでいるような状態でした(ˆΟˆ)

 

和順会館の職員も試し撞きに参加しました☆

 

img_1216

 

 

 

↑ 新入職員の初めての試し撞きです!

ベテランの先輩がサポートに回り、無事終了致しました(ˆΟˆ)

力もかなり必要になりますし、タイミングをつかむのがなかなか難しいようです。

 

この職員は本番の除夜の鐘も撞き手として参加致しますので

是非、みなさんお越しください☆

 

img_1197

 

 

試し撞きは終始なごやかなムードで執り行われましたが、

本番はまた異なり、厳かな雰囲気で行われます。

 

そもそも除夜の鐘とは、どういったものなのでしょうか?

簡単にご説明したいと思います(ˆΟˆ)

 

知恩院の大鐘楼が鳴らされるのは年に2回です。

1度目は4月の御忌法要の際、2度目がこの除夜の鐘です!

知恩院の除夜の鐘は、親綱を1人が引き小綱を16人が引くという

スタイルで、京都の冬の風物詩となっております。

(大正11年にアインシュタインが鐘の下で音の実験を行ったことでも

知られています!!)

 

「えーい、ひとーつ、そーれ!」

の掛け声のもと、力いっぱい鐘を打ち鳴らします。

撞く数は、我々は持つ煩悩の数、108です。

1年間の煩悩を払いのけ、清らかな心で新年を迎える為の伝統行事です。

 

厳かな雰囲気の中、罪障消滅と世の安穏を祈りながら鐘撞きは行われます。

 

 

まだ、実際にご覧になったことが無い方は、是非大晦日は

知恩院へご参拝されてはいかがでしょうか??(ˆΟˆ)

 

清らかな心で新年を迎えられること間違いなしです!

 

 

2016年ももう終わりますが、みなさんどんな1年でしたでしょうか?

日本では、自然災害が多発し、多くの方の尊い命が犠牲となりました。

2017年は、このような悲しい災害が出来れば起こらないことを祈るばかりです。

そして、被災地のより早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

2017年がみなさまにとってより良い1年になりますように。

和順会館もみなさまに愛される宿坊となるよう、スタッフ一同精進して参ります。

 

2016年は大変お世話になりました(ˆΟˆ)

みなさん、良いお正月をお過ごしください!

 

 

 

 

 

 


アーカイブ