• ホーム
  • 施設のご案内
  • お部屋
  • お料理
  • ご宿泊プラン
  • アクセス
  • 知恩院の歳時記

ブログ

イベント

知恩院 秋のライトアップ2022 開催のご案内

2022年11月7日  和順会館, イベント 


皆様こんにちは!

朝晩の冷え込みも深まり、段々と秋を感じる季節となって参りました。

日中との寒暖差も大きく体調を崩しやすくなっておりますので、ご自愛頂ければと思います。

 

さて、今年も知恩院秋のライトアップ2022が開催されます!

知恩院 秋のライトアップ2022特設ページ

 

  • 開催期間:2022年11月12日(土)~12月3日(土)
  • 拝観料金:大人800円、小人400円(小・中学生)
  • 拝観時間:17:30~21:30(21:00受付終了)

 

国宝である御影堂では毎夜「聞いてみよう!お坊さんのはなし」が開催されます。

18:00~/18:45~/19:30~/20:15~の時刻から開始され、各回15~20分のお話と5分程度の木魚念佛も体験していただけます!

 

また、予約制ではありますが今年はツアーも充実しております!

土・日限定で開催される「月かげプレミアムツアー」はライトアップ拝観エリア全てを僧侶の案内付きで巡れるツアーです。

水・金限定で開催される「国宝御影堂ツアー」では、国宝・御影堂の通常非公開の内部までご覧いただけます。

ライトアップ開催前の11月9・10・11日限定で行われる「知恩院ナイトツアー」では、通常は公開をしていない大方丈も特別に拝観していただけます。
さらにツアー参加者だけの貸切ですので、静寂の中で夜の知恩院をご堪能いただけます!

期間限定御朱印「慈教大師」も1部300円で授与しておりますので拝観の記念に是非!

 

〇秋のライトアップご招待プランについて

ライトアップ開催に伴い、和順会館では「知恩院 秋のライトアップご招待プラン」をご用意いたしました!

幻想的なイルミネーション・知恩院ならではの荘厳な佇まいをお楽しみいただきながら、夜は和順会館でゆっくりおくつろぎください。

ご予約は下記からどうぞ!

知恩院 秋のライトアッププラン

皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。


第15回 書の森 展

2022年10月7日  お知らせ, イベント 


10月に入り肌寒く、すっかり秋めいてきました。

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋・・・皆様はどのような秋を過ごされるご予定でしょうか。

今年の秋は、お出掛けして様々な秋を楽しみたいですね。(もちろん、感染症対策もお忘れなく)

 

和順会館では、当館地下1階にありますギャラリー和順にて「書の森 展」が開催中です。

 

“・・・書の古典は、一線一画に呼吸、力、高さ、大きさ、張りなど千差万別ながら、時代を超越して現代に生きる力を蔵しています・・・”

 

「書の森」主催 鵜飼さんの言葉どおり、一線一画に目を奪われます。

是非、10月の3連休は、知恩院にお越しいただき、作品の息づかいを感じてください。

 

 

『書の森 展』

日時:2022年10月6日~10月10日

   10:00~17:00

会場:知恩院和順会館 地下1階 ギャラリー和順

   入場無料

 

 

知恩院和順会館では、秋の味覚を味わっていただける、ご宿泊のプランもご用意しております。

食欲の秋もご一緒にご堪能下さい^^

 

~秋の恵みを味わう~ 松茸の香り漂う秋懐石プラン

 

 

※仕入れの状況によって内容は変更になる場合がございます。

和順会館 地下1階 和食処「花水庵」

営業時間

朝  7:00~10:30 (10:00ラストオーダー)

昼 11:30~14:30 (14:00ラストオーダー)

夜 17:30~21:00 (20:30ラストオーダー)

(花水庵 075-533-6660)

※当面の間お食事は完全予約制といたします。

ご希望の場合は、2日前までのご予約をお願いいたします。

 


夏の知恩寄席のお知らせ

2022年7月26日  お知らせ, 和順会館, イベント, 和食処 花水庵 


皆様こんにちは(^^)

 

京都の夏らしい、蒸し暑い日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

蝉の鳴き声が暑さをいっそう増幅しているようです(ーー;)

 

さて、和順会館ではうだるような暑さも吹き飛ばす

知恩寄席 ~林家正雀 桂文我 東西怪談噺の会~

が開催されます!

[日時]7月30日(土) 午後3時開演(30分前開場)

[場所]知恩院和順会館 地下2階 和順ホール

[料金]前売:¥3,500円 / 当日:¥4,000円(自由席・税込)

前売予約は

[出演]桂文我(「仔猫」「応挙の幽霊」)

桂笑我(「開口一番」)

[ゲスト]林家正雀(「怪談牡丹燈籠~お札はがし」)

 

ご家族やお知り合いとご一緒に怪談で涼みにいらっしゃってはいかがでしょう。

 

今月発売の月刊京都8月号に、和順会館を取り上げていただきました!

「朝のお寺で心身整う特別な体験」という特集にて紹介いただいていますので、ぜひご覧ください(^^♪

 

また、去年に引き続き夏限定の宿泊プランもご用意しております♪

 

京都の夏の風物詩、祇園祭が行われる7/1~7/31の一ヶ月に彩を添えるプランが

こちら!

【京 夏の風物詩】祇園祭プラン

 このプランだけの特別夕食だけでなく

京都の名店「豆政」の祇園祭限定パッケージの豆菓子のプレゼントもございます!

 

 

現在、この他にも「鱧懐石プラン」をご用意しており、

鱧以外にも「鮎」「鰻」など、夏を彩る食材をお楽しみいただけます(^^)♪

知恩院参拝や京都観光に疲れた体を癒してくれることでしょう。

ご予約は下記からどうぞ!

 

~京の夏を味わう~鱧づくし知恩院夏懐石プラン

 

仕入れの状況によって内容は変更になる場合がございます。

 

和順会館 地下1階 和食処「花水庵」

営業時間

朝  7:00~10:30 (10:00ラストオーダー)

昼 11:30~14:30 (14:00ラストオーダー)

夜 17:30~21:00 (20:30ラストオーダー)

(花水庵 075-533-6660)

※当面の間お食事は完全予約制といたします。

ご希望の場合は、お早めのご予約をお願いいたします。

 


13人の芸術家

2022年5月26日  お知らせ, 和順会館, イベント 


 

 

 

 

みなさまこんにちは!

日に日に日差しが強くなり、夏が近づいてきているのを感じます。

京都はこれから梅雨入りしようとしています。

 

現在、和順会館の地下1階ギャラリーでは『13人13色展』を開催しています。

京都市立芸術大学1978卒業生有志によるグループ展示です。
今回はそちらに取材に行ってまいりました!

 

ギャラリーに入ってすぐの壁に趣のある掛け軸が2つ飾られています。

「安楽上人鈴虫姫剃髪図」

 

「安楽上人松虫姫剃髪図」

こちらの作品は浄土宗の住蓮山安楽寺に飾られていた掛け軸を模して描かれています。

江戸時代に描かれたと錯覚してしまうような歴史を感じる作品です。

 

 

こちらのオブジェ、ストローで作られているそうです。

見る面によって色が変わる仕掛けがあり、インパクトのある作品です!

 

 

 

建物の中に建物が…!

 

 

建物の内装もリアルに作られています。

 

 

窓から中を覗くと自分自身が大きくなったように感じました!

 

 

『13人13色展』は5月29日まで開催しています!

京都にお越しの際は和順会館にぜひにお立ち寄りください。

 

 

 

 

『第11回 13人13色展』

日 時:2022年5月21日(土)~29日(日) 11時~18時

場 所:和順会館 地下1階「ギャラリー和順」

入場料:無料

 

 

 

 

 

 


EMPTINESS-/+LIGHT VERL ADAMS at CHION-IN 写真展示会 の開催

2022年2月11日  お知らせ, 和順会館, イベント, その他 


 

 

ADAMS Verl (アダムズ ヴァール)様による展示会が、

当館地下1階「ギャラリー和順」にて、

本日2月11日(金)より3日間 開催されます。

 

今の時代はインターネット上に画像データがあふれ、

望むすべてをそこで見ることができると言っても過言ではないでしょう。

世界中の画像を当たり前に望むだけ目にしている私たち。

ただ、実際の「写真」を目の前にした時、

それらが私たちに問いかける力というのは表現しきれないものがあります。

長くコロナ禍に悩み、もがき、私たちが生きる「時代」がそこに切り取られています。

 

南無阿弥陀仏

 

 

 

 

~~~~~~~~~ 展示会概要 ~~~~~~~~~~

開催日:2022年2月11日(金) ~ 13日(日)

時間:各日 午前10時 ~ 午後5時

料金:無料

場所:和順会館地下1階 「ギャラリー和順」

https://www.verlanceladams.com/

 

私は写真というものを通して自分を取り巻く世界を観察し解釈する。

古きものと新しいもの、自然と人工、物理的と精神的、神聖と俗悪。

これは物事の表面を“引っ掻き”自分自身を投影する、私の作品への想念投射でもある。

東京での私の好きなことの1つは、街の裏通りや路地を探索することです。

夜になるとこれらの混沌とした、しかし魅力的な通りは蛍光灯の鮮やかな光を纏い人々を誘い出し賑わう。

しかし過去1年間COV ID-19感染拡大により街のほとんどの灯りは消え、暗くなった。

ここに展示した写真は「非常事態」の都市の封鎖における新宿ゴールデン街周辺の様々な様相を映し出したものです。

 

 

 

~~ ADAMS Verl アダムズヴァール Profile ~~

ADAMS Verl アダムズ ヴァール

建築家であり写真家でもある。

現在東京都立大学の准教授で空間デザインと実験的な写真の授業を教えている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

来月の知恩院の行事

2022年3月13日(日)  発願文写経会

法然上人がお師匠様と仰がれた、善導大師が撰述された願文「発願文」を写経します。

お申し込み不要です。直接、会場の和順会館までおこしください。

 

2022年3月18日(金) ~ 24日(木)  春季彼岸会

彼岸会は、春分と秋分を中日としてその前後3日間、菩提(ぼだい)の種を蒔く(迷いから離れようとする心をおこすこと)日といわれる7日間にわたって行われます。この「彼岸」とは、もともと此岸(しがん)とよばれるこの世から、彼の岸(彼岸:ひがん)である極楽浄土に想いをはせる行事で、極楽浄土へ生まれかわりたいと願う信仰実践の期間とされています。

極楽浄土におられる阿弥陀様を想い「南無阿弥陀仏」と称え、今日ある自分を育んでくれた数多くのご先祖様や亡くなられた大切な方の追善供養につとめましょう。

 

2022年3月23日(水)  一枚起請文写経会

法然上人が最後に遺されたみ教えである「一枚起請文」を書写します。

お申し込み不要です。直接、会場の和順会館までおこしください。

 

2022年3月25日(金)  別時念仏会

法然上人の月命日。

上人の遺徳を偲び、お念仏をお称えします。

ぜひ御廟へお参りください。

 

2022年3月25日(金) ~ 4月3日(日)  知恩院春のライトアップ2022(夜間特別拝観)

京友禅の祖・宮崎友禅翁ゆかりの庭園「友禅苑」や、日本最大級の木造二重門である「国宝三門」、除夜の鐘で有名な「大鐘楼」など境内各所をライトアップします。ぜひこの機会に、知恩院へお参りください。

 

お参りの際にはどうぞ当館にご宿泊くださいませ。

合掌

 

 

 


アーカイブ