• ホーム
  • 施設のご案内
  • お部屋
  • お料理
  • ご宿泊プラン
  • アクセス
  • 知恩院の歳時記

ブログ

都未生流 都の花会

2017年3月8日   和順会館, 会館からのお知らせ, 徒然日記~スタッフのおすすめ~, 未分類 

 

 

みなさんこんにちは(ˆΟˆ)♪

3/4、3/5と和順会館 地下2階 和順ホールにて華やかな展示会が催されました☆

都未生流の花道の展示会です!

 

お茶席があり、来場された方でかなり賑わっており、

春を感じさせる、独創的で美しい作品の数々が展示されておりました。

今回はその一部をご紹介したいと思います☆

 

と、その前に!

都未生流とはどういった流派なのでしょうか。

簡単に解説致します。

 

都未生流は花道発祥の地である京都でなんと!!江戸時代に創流されました。

流祖は華頂宮尊超法親王(江戸時代の皇族であり有栖川宮第6代当主の、

有栖川宮織仁親王の第8王子。空室であった知恩院門跡の相続者。)

の華道御師範として、親王より都華軒の称号を賜り、歴代家元の華号として

現在まで伝わっています。

昭和46年に三条京阪前に都未生高樹会館を創立したそうです。

都未生流は,長い歴史を持つ花の文化集団です。

六代大津光章氏は若くして華道界の要職に就き、テレビ出演など

めざましいご活躍をされているようです。

 

 

さて、それでは作品の一部をご紹介致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どの作品も鮮やかで、とても美しいですね。

 

 

このように、和順会館では定期的に展示会等の催しが行われています。

インスタグラム・フェイスブックなどでも発信していきますので

是非、皆さまのご来館をお待ちしております!☆

 

 

☆和順会館インスタグラム☆

 

☆和順会館フェイスブック☆