• ホーム
  • 施設のご案内
  • お部屋
  • お料理
  • ご宿泊プラン
  • アクセス
  • 知恩院の歳時記

ブログ

秋風にたなびく雲の絶え間より・・・

2016年9月11日   和順会館, 会館からのお知らせ, 徒然日記~スタッフのおすすめ~, 未分類 

 

 

みなさんこんにちは☆

まだまだ残暑が厳しいですが、夜は涼しくなってきて昼夜の寒暖差が

大きくなってきましたね。季節の変わり目で体調などは崩されていないでしょうか?

 

今回の記事のタイトルは、みなさんよくご存知の百人一首の短歌です(ˆΟˆ)

藤原 顕輔(ふじわらのあきすけ)という人物が詠んだ短歌で、百人一首の中でも

覚えやすい短歌で、秋の風景が浮かんできますね。

これからまさに、こういった秋晴れの日が多くなって過ごしやすくなりますね☆

私も待ち遠しいです(ˆΟˆ)!

 

 

 

秋風に たなびく雲の 絶え間より
        もれ出づる月の 影のさやけさ

 

 

 

 

さて、今年もお彼岸の時期が近づいて参りましたね。

彼岸とは、春分と秋分を中日としてその前後3日間、計1週間にわたり

修行をする(善行を積む)期間をいいます。

彼岸の中日には太陽が真東から出て、真西に沈みます。

その太陽の真西に沈む様子を見ながら、阿弥陀様のおられる西方極楽浄土を

想い、また自分自身を反省するのにふさわしい日とされています。

この気候も良い時期にお寺に参拝し、自分自身とゆっくり向き合う

時間をつくってみてはいかがでしょうか?(ˆΟˆ)

知恩院へのご参拝を是非お待ちしております☆

 

 

変わって当館フロント前にて設置しておりました、熊本震災の募金ですが

御忌法要以降、知恩院御堂での募金と合わせまして、合計451,651円となりました。

大変多くの方々にご協力頂きまして誠にありがとうございます。

総本山知恩院職員一同、心よりお礼を申し上げるとともに、

被災地と被災された方々の1日も早い復興を心から願っております。

 

 

 

最後に、和順会館ロビーに飾られております、華頂流のお花の紹介です☆

 

IMG_0260

↑ 華頂流らしい洗練された生け花です!

 

華頂流とお地蔵様

↑ こちらは華やかな作品です☆

和顔地蔵も嬉しそうですね~☆

 

 

これからどんどん寒くなってあっという間に冬を迎えますが

みなさん残りの下半期、やりのこしのないよう目いっぱい楽しんでくださいね!!

 

秋から冬にかけての京都は格別です☆

京都へお越しの際は、是非知恩院への参拝も兼ねて和順会館へお越し下さいませ。

スタッフ一同心よりお待ちしております(ˆΟˆ)