• ホーム
  • 施設のご案内
  • お部屋
  • お料理
  • ご宿泊プラン
  • アクセス
  • 知恩院の歳時記

ブログ

2017年03月

春のライトアップと春の梅染展

2017年3月10日   和順会館, 未分類, 浄土宗総本山知恩院 

 

 

 

みなさんこんにちは!(ˆΟˆ)

最近は日によって寒暖差が激しく、体調も崩しやすいですし

服装も迷ってしまいますね(>_<)

ですが、だんだんと春らしい暖かい日差しの日が多くなってきました!

桜の花が咲くころが待ち遠しいですね☆

今年も京都のきれいな桜の写真をみなさんにお届けできるかと思いますので

楽しみにしていてくださいね(ˆΟˆ)

 

さて、知恩院ではいよいよ春のライトアップが始まりました!

 

京都の街中では、この印象的なポスターを見かけた方も多いのではないでしょうか?

お坊さんに会いに行こう!と題し、「聞いてみよう!お坊さんのはなし」や、

知恩院三門広場(和順会館前)では、武人画師 こうじょう雅之さんによる

「墨絵アートパフォーマンス」が行われております!

 

 

 

 

 

 

パフォーマンスの様子です!圧巻のひとことでした☆☆

今後のアートパフォーマンスの日程は、

3/10(金)、3/11(土)、3/12(日)

①午後6時30分~

②午後8時20分~

の2回行われ、各20分程です。

 

また「聞いてみよう!お坊さんのはなし」は、ライトアップ期間中、宝佛殿にて毎日開催しております♪

開始時間は、①18:15~②19:00~③20:00~(各回15~20分程度)となっております。

※状況により開催時間が変更になる場合がございます。

参加された方限定で特別なイベントのご案内もございますので、

まだご覧になられていない方は是非、知恩院へお越しください(ˆΟˆ)♪

お待ちしております!!

 

 

 

続きまして、恒例の春の梅染め展のご案内です!☆

今回の見どころは、NPO法人障害福祉支援もえぎグループと共同で行う

「もえぎ梅染プロジェクト」です。

 

まず、NPO法人障害福祉支援もえぎグループについてご説明致します!

もえぎグループは、神奈川県・静岡県を中心に、現在約25か所の放課後等デイサービスと

児童発達支援事業所を開設している団体です。

「放課後等デイサービス」 「児童発達支援」とは、

知的・発達などの障害を抱えた子供たちへ、大人になるまでに少しでも

出来る事を増やし可能性を広げることを目的に、放課後や休日、または学校の長期休暇

などを利用して、安心できる居場所を提供しながら、運動・学習・生活トレーニングなど、

一人ひとりに応じた各種支援を、学校や地域とともに連携しつつ注ごうとする児福祉事業です。

 

そういった方たちの社会支援の一環として、京都で現代の名匠として活躍されている

山本先生に協力を得て、将来の自尊自立につながる新たな職場の創造を目指す取り組みが

「もえぎ梅染プロジェクト」です。

 

具体的には、山本先生のご指導により、高付加価値なアパレル製品群を、

製造工程を細分化して、各工程ごとの要求能力と、子どもの資質をマッチングさせる形の

就労支援施設(梅染香房)を開設することなどが挙げられるようです。

 

今回は、そういった方たちとのコラボレーション作品等がメイン展示となっています。

 

一部をご紹介したいと思います☆

 

 

 

どの染物も、梅染の自然で美しい色合いが感じられる作品となっております。

会場には山本先生もいらっしゃっておりますので、様々なご質問にも

お答えいただけるかと思います☆☆

 

 

 

 

 

↑ このような作品の他にもまだまだ様々な展示がございますので

ぜひ和順会館にお越しいただき、堪能していただければと思います(ˆˆ)♪

 

 

 

~春の梅衣展~

 

会場:和順会館 地下1階「ギャラリー和順」

日時:2017年2月18日(土)~2017年3月20日(祝)

11時~17時まで(最終日のみ16時まで)

※入場無料

 

 

 

☆山本先生Facebook☆

 

↑ 山本先生のフェイスブックです☆

なにかご質問等ございましたら直接コンタクトを!(ˆˆ)

 

 

みなさんのご来館をスタッフ一同心よりお待ちしております☆☆

 

 

 

 

都未生流 都の花会

2017年3月8日   和順会館, 会館からのお知らせ, 徒然日記~スタッフのおすすめ~, 未分類 

 

 

みなさんこんにちは(ˆΟˆ)♪

3/4、3/5と和順会館 地下2階 和順ホールにて華やかな展示会が催されました☆

都未生流の花道の展示会です!

 

お茶席があり、来場された方でかなり賑わっており、

春を感じさせる、独創的で美しい作品の数々が展示されておりました。

今回はその一部をご紹介したいと思います☆

 

と、その前に!

都未生流とはどういった流派なのでしょうか。

簡単に解説致します。

 

都未生流は花道発祥の地である京都でなんと!!江戸時代に創流されました。

流祖は華頂宮尊超法親王(江戸時代の皇族であり有栖川宮第6代当主の、

有栖川宮織仁親王の第8王子。空室であった知恩院門跡の相続者。)

の華道御師範として、親王より都華軒の称号を賜り、歴代家元の華号として

現在まで伝わっています。

昭和46年に三条京阪前に都未生高樹会館を創立したそうです。

都未生流は,長い歴史を持つ花の文化集団です。

六代大津光章氏は若くして華道界の要職に就き、テレビ出演など

めざましいご活躍をされているようです。

 

 

さて、それでは作品の一部をご紹介致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どの作品も鮮やかで、とても美しいですね。

 

 

このように、和順会館では定期的に展示会等の催しが行われています。

インスタグラム・フェイスブックなどでも発信していきますので

是非、皆さまのご来館をお待ちしております!☆

 

 

☆和順会館インスタグラム☆

 

☆和順会館フェイスブック☆